読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

急がば回りこんでドロップキック

後藤あいといいます。

男性を無理矢理誘ってデートをしたくだらない話

150505_cinema_001

先日、男性を無理矢理誘って2人で映画に行った。

映画なんて空前の新井浩文ブームが来てた2〜3年前の『ヘルタースケルター』振り。映画を見る習慣がないし、今回も、その男性とデートしてみたいがためにむりくり作った理由。そして相手が「デート」として認識しているかはまた別の話。

予定が合ったのはお誘いした2週間後。1週間前に美容院行き、カットとトリートメントしてもらって、まつげエクステも植えてもらった。

前日には着ていく服がないと焦り、店員さんに「デートに着てける服をください」と言っておすすめされるがまま服を買った。家に帰って、念のために、全身の毛を剃って、ネイル塗りなおして、顔にはお高めのパック。念のために、柔軟剤たっぷり入れて下着を洗った。

当日は朝2時間かけて化粧をして、念のために、足に消臭クリームを塗って、念のために、次の日仕事だったからそのまま出勤できるように会社の入館IDも持っていった。

そもそも彼とは初めて会った時から仲良くなりたいなあと思っていて、それでも恋愛したいという気はなかったのだけど、いざ男性と2人で出掛けるとなるといろいろ妄想を膨らませざるを得なかった。この妄想が全ての行動の因。ハリウッド俳優以外の人との妄想をしたのが久しぶりだったから、恋に恋してしまいました。相手のことそこまで知らないのに、妄想が勝手に暴走した。25にもなって何をやってるんだよ、、

映画は面白かったです。ポップコーンも美味しかったです。

映画中に粗相があったのか。猫背で見てたからか。

今回初めて日が出てる時間帯に会って、前は暗くて気づかなかった顔面のだらしなさに幻滅したのか。

あれ食べたいとかこれ飲みたいとか、わがままだったか。

フィーリング的に?

そもそも純粋に映画が見たかっただけ?

映画館を出て、そのまま駅に向かって、解散しました。18時でした。

私の記憶が正しければ、その日は終日空いてるから何時の回でもいいよー。と言っていて(もうメールを見返す気力もない)、この後の予定はないはず。じゃあ私は一体何がお望みだったんだい?と問われると何も言えないけど、せめてご飯くらいさあ。。行きの電車で開いた食べログがよう。あれかな、「もうちょっと一緒にいたい」とか言えば叶ったかな。いや、ハードル、、

そのまま帰宅して家に入ると、朝広げた、普段滅多に使わないメイク道具とか、充満する柔軟剤の香りとか、前日に買った服のショップ袋とかが目に入る。ときめきに満ちた今朝の自分が「ねえ!どうだったの!!!?」と目を輝かせながらグイグイ聞いてきてる感じ。自然と「くだらないよ!」と口から出た。悟ったような目をしてたと思う。

また会うこともあろう。また2人で映画に行くかもしれん。(私からは到底誘えないけれど)その時はTシャツとデニムで行こう。おわり。

150505_cinema_02