読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

急がば回りこんでドロップキック

後藤あいといいます。

夜の父ちゃんについて腹立たしく切ない

父ちゃんが、隣の真っ暗な部屋でテレビにイヤホンを挿し斉藤和義の「ずっと好きだった」を小声で歌っている。

初老が「ずっと好きだったんだぜ」って言うな。

こちとら寝ようとしてるのにうるせえ。

でも、この怒りとともに、みなが寝たあと小声で歌うしか方法のない父の声だけを感じて、私はやるせない気持ちになった。

毎晩歌ってるけど楽しいのかな。生きてて楽しいのかな。

父が楽しんでいるのならば、明日からまたがんばって仕事行こうと思うならば、それでいいんだけど。どうしても哀れという単語が頭をかすめる。

もっと話したいけど話しかけ方が分からない。娘と話せばもっと楽しい。思い上がり発言だけど多分そう。でもできない。分からない。