読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

急がば回りこんでドロップキック

後藤あいといいます。

婚活パーティーで最速で最短の恋をした話

日常

婚活パーティーに行った。

21番を好きになった。

歯医者さん。目鼻立ちがハッキリしていた。彼の子を産んだらきっと可愛かっただろうに。歯医者さんはコンビニよりあるもんね、とか言わなきゃよかったかな。

思えば会場がヒルトンだったのに、ハイアットリージェンシーで受付を探して、開始3分前になってようやく間違いに気づいたところから狂った。今日の1番の良い出会いを聞かれれば、ハイアットリージェンシーのドアマンと答えるね。


(まだこんな素敵なとこで婚活パーティーが!ってウキウキしてた頃に撮った)

自己紹介タイムで1分ずつ全員と話した。初めて目の前に座った時から、いや前の席で話してる時から、私は21番にきゅーんとしてたんだよ。結婚する相手は一目会った時に分かるって母ちゃんと北斗晶が言ってたけど、ふっとそれを思い出してアタアタしてた。

フリータイムでも、1人でフリーを持て余してた私に、21番は話しかけてくれた。顔を近づけて話すからキスの感覚でも掴んでるのかと思いきや、きっと口臭チェックをしてたんだな。歯医者だから。くそ!始まる前にフリスク2粒食べたのに!煙草のこと正直に書くんじゃなかったよ!!なんでどいつもこいつも禁煙者なんだよ!

21番。。ああ。。

そもそも何で目の前の女の子の前には3人も順番待ちしてるんだよ!チーク塗りまくってインフルエンザ発症してるかと思ったわ!25歳じゃダメか。ブスだからか。

最近、人と会わずに自撮りと画像加工の技術だけめきめき進歩していて、てっきり私って結構可愛いかも、とか思っていたのに。人見知りも何とか隠して笑顔で会話してたのに。無職だけどプロフィールカードの職業欄に会社員って書いたのに!誰よりも相手のプロフィールカード熟読してメモったりしてたのに!キャバ嬢もびっくりするよ?おい21番!聞いてるか!おい!

もしかして21番じゃなかったのかな?私が見間違えたまま21番一本勝負して、当の彼は21番じゃなかったとか?そういえば私に見えないように名札隠してたな。なんでかな?

21番は別の子とカップルになった。

私は、年収1,000万にチェックつけてた37歳の男性にLINEのIDを聞かれて、断れずに教えた。それでおしまい。そうなんだよ!おしまいなんだよ!教えたのになんでLINE来ないんだよ!Wi-Fiの接続が良くないからか?このカフェはなんでWi-Fiが弱いんだよ!腹立つ!店員が可愛いのも腹立つ!この時間のアイスコーヒー美味いな!おい!

7組14人のカップルが誕生しました、だって。21番はその14人の中に入っていたのに、私は入っていなかった。最速で恋に落ち、最短で失恋した。涙も出ない。ほんの3時間のできごと。