急がば回りこんでドロップキック

後藤あいといいます。

私は貧困女子

年金を払えって電話が来たのでコンビニで払った。

保険を含め滞納していた分だけで11万。こんなにお金がかかるなんて知らなくて、悔しくて帰り道で泣いた。今までは会社が払ってくれていたんだよね。おそらくこの分までしっかり働いていたんだろうけど、切ないじゃない。給与明細から11万引かれるのと財布から11万がなくなるのは違うじゃない。あたらしいパソコン買えるよな、タイぐらいなら余裕で行けるな、とか思うじゃない。

私は、俗にいう貧困女子だ。会社を辞めたからこうなった。貧困なりに楽しくやっているとは思う。外食もするしコーヒーも飲む。タバコも吸う。病院も通っている。だけど、本当のことを言えば、年金とかいらんから今お金が欲しい。

袖と襟が茶色くなったシャツは着たくないし、穴の空いたパンツも捨てたい。手垢で茶色くなった100均のiPhoneケースも変えたい。

そういえば、1年前に転出した中野区から区民税の督促状もきた。

どこまでもお金が追いかけてくる。

キャッシュカードを離さないよう胸の中で抱えているのに、納付書が家まで来てそれを全力で奪いに来る。最終的に口座凍結とか、ひったくりよりもタチが悪いよ。もっと勉強してもっと就活がんばれば、11万に疲弊することもなかったのかな。GWに海外とか行けたかな。

今度、大学の同期と女子会をしようという話になっていて、無職で時間のたっぷりある私が店を探したんだけど、金銭的に余裕のあるアラサーでしょ、東京都民でしょ、とか考えて、普段行かないような、単価高めの、恵比寿とか代々木とかの店を候補に出した。常連風を装ったけどバレてないよね。1回行ったことあるからいいよね。今は当日の服を悩んでいるところ。そんな間柄でもなかったのに、ちょっとでも、とか。やっぱり恥ずかしい、とか。思考まで貧困になったら笑えないよ。つらい。

広告を非表示にする